海外のゴルフスイング

日本人のゴルフスイングと海外のゴルフスイングは全く違います。
そもそも概念が違います。

ゴルフスイングの和訳を間違えた

元を辿れば日本人のゴルフスイングというのは、海外から入ってきたゴルフスイングの書籍やマニュアルなどを踏襲してるはずなのですが、和訳した人がゴルフというスポーツに精通してなかったからなのか、理解しにくい言葉を使用してゴルフスイングを解説してます。そこで、いくつかの誤解を招いてしまって、今の日本人のゴルフスイングができあがったと言われてます。

日本人のゴルフスイングは腰を回転する

日本人のゴルフスイングは腰を回転させます。腰を回転させることで、上半身との捻転差をつくることができますし、捻じれ戻りのエネルギーを活かして強いスイングで打つことができます。が、下半身だけが先行してしまうと、上半身が遅れてしまいますし、とても窮屈なインパクトな姿勢となってしまいます。

また、腰を回転することでスイングエネルギーが逃げてしまうので、余計に下半身を上半身を捩じって、捻じれ戻りのエネルギーを作ろうとしてしまいます。それが、様々なミスショットの原因となってしまいます。

ゴルフをやり始めたころ

ゴルフをやり始めたころというのは、ゴルフレッスンでも腰を回転させるということを覚えさせられますし、そのような練習をさせられます。それが、当たり前だと思って練習をしてきましたが、海外のゴルフスイングの概念に触れてからは、日本のゴルフスイングの概念は間違ってるということに気付きました。

海外のゴルフスイングは腰を回転させるという概念はありません。股関節を回旋させる、お尻の向きを変える、ヒップターンであると解釈しており、日本人が考えるゴルフスイングとは異なったゴルフスイングとなってます。

ゴルフスイングは、足腰を使うのは理解できます。とくにドライバーショットのときは、スタンス幅を広げますから、脚を使わなければスイングし難くなります。それは、脚を広げてるから、お尻が振り難いということです。スタンスが狭いとお尻を振りやすくなります。つまり、スタンス幅が狭い方が、股関節を回旋しやすいということです。

そして、股関節を回旋するには、脚を使う必要性があります。日本のゴルフスイングは、そのようなことを考えず、理解せず、腰を回転させようとしますので、非常に無理な打ち方となりますし、インパクトでは下半身は飛球線に向いているが、上半身は正面を向いているという特殊な姿勢となります。

海外のゴルフスイング

海外のゴルフスイングは腰を回転しません。股関節を回旋することを意識してます。分かりやすいのはタイガー・ウッズのスイングです。殆ど腰を回転してません。股関節を回旋することで、少しだけ腰が回転してます。股関節を回旋することで、小さな下半身の動きで上半身を大きく捻転させることができるので、上半身と下半身の捻転差をつくることができます。

ダウンスイングは左足を踏み込んで、バンプさせて、体重移動をさせながら、腕とゴルフクラブを下してきますが、腰は回転させません。左足を踏み込んで、踏ん張って、左の壁をつくって、インパクトまでは腰を回転させないように粘って、耐えています。これにより、ゴルフクラブは加速しますし、インパクト前には両腕を伸ばしているので、フェース面をスクエアにしやすいです。

タイガー・ウッズのスイング

ナイキに所属してた頃のタイガー・ウッズのスイングです。殆ど腰が回転してないのが判るはずです。ほんの少しだけ腰が回転してますが、上半身は大きく捻転しており、下半身と上半身の捻転差がつくられてます。

また、ダウンスイングでは発達した肩の筋肉、上腕筋群を使っており、強烈なダンプを行ってます。この動作と身体の横の回転が融合してヘッドスピードが速く、パワフルなゴルフスイングが実現できます。

股関節の回旋を使う

海外のゴルフスイングは腰を回転しないスイング、股関節を回旋させるスイングです。ですから、下半身があまり動きません。下半身が少ししか動かないからこそ、上半身とは捻転差がつくられるので、強いスイングパワーとなります。

また、腰を回転させないからこそスイングパワーを逃がすことなくインパクト時にゴルフボールに伝えることができます。股関節の回旋をつかうので、回転ではなくて、両足で挟み込むような動作となります。

ローリー・マキロイ、タイガー・ウッズ、ジャスティン・トーマスなどは同じような動作をします。

とくに、ジャスティン・トーマスは股関節の柔軟性が高く、股関節の回旋を活かしてスイングをします。ダウンスイングからインパクト、フォロースルーにかけては、体重移動をするのですがその動きが両足を挟むかのような動作となり、左足の踏ん張りで左の壁がでてきるので、エネルギーの逃げ場がなくなってしまい上に向かいます。だからジャンプしてしまいます。

ジャスティン・トーマスのスイング

 

地面反力、床反力

驚異の反力打法という書籍が販売されて、瞬く間に反力を活かしたゴルフスイング理論が広がりました。が、意外と昔からある打ち方です。その昔、タイガー・ウッズなどはダウンスイングでは、少し沈み込みをしてから、ダウンスイングに入り、少し伸びあがるという打ち方でした。これこそが、地面反力であり、床反力です。

地面反力、床反力という今までに聞きなれてない言葉で紹介されると、新しいゴルフスイング理論のように感じるだけであって、実は昔からある理論だったりもします。このようなことは、多くあります。

それは、重い物を持ち上げるかのような動作であり、ジャンプするときの動作に近いです。

地面反力、床反力というのは、股関節を回旋させるための予備動作のように説明されることが多いです。たしかに、その通りなのですが、股関節を回旋させて、脚力を使うためでもあります。下半身の拮抗筋を活かして、脚の瞬発力を使って、ゴルフスイングのエネルギーをつくりだして、ゴルフクラブを加速させるという動作となります。

 

体重移動をするゴルフスイング

日本のゴルフスイングはどちらかというと積極的に体重移動を行う、2軸のスイングであると言われてます。テイクバックでは右側に体重を移動させ、ダウンスイングからは左側に体重を移動していきます。この体重移動するときに、スイング軸も移動していると考えられており、2軸スイングと呼ばれてます。

海外のゴルフスイングの場合、体重移動をしないスイングが主流となりつつあります。例えば、はじめから左脚側に体重を乗せるスタック&チルトがあります。はじめから左脚に体重を乗せているので、やや高弾道が打ち難いというデメリットがありました。また、左膝に負担が掛かりやすいとも言われてました。

海外では体重移動をしないスイングが増えてきており、腰、膝に負担のかからない動作を模索してる傾向にあります。もともと海外では、ヒップターンといい、お尻を回転させるという概念があり、腰を回転させるという概念はありません。なので、海外のゴルフスイングでは体重移動はしません。が、バンプ(腰の平行移動)は行います。

バンプとは、トップスイングからダウンスイングに移行するときに、飛球線方向に向けて腰を平行移動する予備動作のことです。バンプすることで、体重を飛球線方向(左側)に移動させて、スイングエネルギーを飛球線方向に向けやすくなります。

海外のゴルフスイングは股関節を回旋させます。ですから、体重移動は左右の股関節の間で行われ、身体が大きく動くことはありません。ですが、バンプはするので、腰周りは少しだけ右から左に平行移動します。ですが、この動きもほんのわずかです。

海外のゴルフスイングは無駄な動きをしない、スイング軸がズレ難い、身体に負担をかけないというスイングです。小さな動作で、大きなエネルギーをうみだすことができる、コンパクトで効率的なゴルフスイングです。

ローリー・マキロイのスイングは体重移動を行うスイングです。かなり大胆に右側に体重を移動させて、バンプ大きく、左足を踏み込んで左の壁を作ってから、股関節を回旋させて左側に体重移動をします。

 

シャローに打つスイング

マシュー・ウルフが優勝してからは、GGスイングが注目を浴びており、少々変則的な動きをするシャローに打つスイングが流行の兆しを見せてます。シャローに打つことが必ず良いとは言い切れませんが、マシュー・ウルフはシャットに上げて、シャローに打つタイプで、かなり飛ばします。良いところは真似して吸収できると良いと思い、マシュー・ウルフのスイングを分析していきます。
GGスイングとマシュー・ウルフのスイング