キャロウェイ マーベリック 2020年モデル

キャロウェイの2020年モデル マーベリックが発表されました。ドライバーヘッドは3種類あります。MAVRIKドライバー、MAVRIK MX ドライバー、MAVRIK SUBZEROドライバーがあります。
キャロウェイ MAVRIK(マーベリック)シリーズ | 2020年2月7日発売

MAVRIKドライバー

MAVRIKドライバーは、ボールの捕まりがやや抑えられており、ヘッドスピード40m/s以上あるゴルファーが適度に叩けるモデルです。フック系のミスを減らして飛ばせるドライバーです。

 

MAVRIK MAX(マーベリックマックス)ドライバー

MAVRIK MAX ドライバーは、もっともボールの捕まりが良くなっており、ドローバイヤスが強く入ったモデルとなってます。どちらかというと、ヘッドスピード40m/s以下のヘッドスピードが遅いゴルファーがスライスを減らして、飛距離アップができるドライバーです。

 

MAVRIK SUBZERO(マーベリックサブゼロ)

MAVRIK SUBZERO ドライバーは、もっとも低スピンなボールが打てるモデルです。ヘッド体積も小さくなっており、ヘッドスピードが速いゴルファー向けです。というよりも、ほとんどプロ向けとなってます。

どのドライバーも、進化したフラッシュフェースSS20が搭載されており、打点がズレても強い反発で飛ばせます。スイートエリアを外しても、スイートエリアで打ったときに近い、高いミート率で打てます。だから、誰が打ってもボールスピードが速くなり、飛距離アップできます。

テーラーメイド 2020年モデル SIMシリーズ

テーラーメイド 2020年モデル SIMシリーズ

テーラーメイド 2020年モデル SIMシリーズが発表される予定となってます。ドライバー、ウッドの方は、テーラーメイド SIM、テーラーメイド SIM MAX、テーラーメイド SIM MAX D 3種類のヘッドが用意されてます。

テーラーメイド SIM
M5ドライバーに相当するモデルとなります。スライド式ウェイトが取り付けられており重心調整が可能なモデルです。
テーラーメイド SIM MAX
M6ドライバーに相当するモデルとなります。深重心で慣性モーメントが高いモデルです。
テーラーメイド SIM MAX D
D-TYPEドライバーに相当するモデルとなります。ドローバイヤスが入ったモデルです。 USモデル限定で販売される可能性があります

 

異なるフェース高さ

全てのドライバーヘッドのボリュームは460ccですが、フェースの高さが異なっており、SIMドライバーが最もフェースが低く、SIM MAX D ドライバーが最もフェースの高さがあります。
テーラーメイド SIM

 

全てのモデルに共通するテクノロジー

ヘッドにカーボン素材を多く使用しており、ヘッド重量を軽量化してます。

エアロダイナミック アシンメトリック ソール

空気抵抗を減らすためのデザインを取り入れたヘッド形状。SIMは、shape in motion の頭文字で、空気抵抗を減らしてヘッドスピードを速くするための空力学です。

ツイストフェース

捻じれたフェース。

スピードインジェクション

フェースの反発力アップ

 

テーラーメイド 2020年モデル SIMシリーズ発売日

海外では既に販売準備に入っており、様々な情報が配信されてます。日本国内では、1月10日に詳細情報が発信される予定となっているようです。今年も期待できるモデルが登場しそうなので楽しみです。
テーラーメイドSIM | 2020年モデル