無理しない、ナチュラルなゴフスイング

最近、無理しないゴルフスイングというのを考えてます。さて、無理しないゴルフスイングとは?
それは、無駄な動きを極力省いたスイングであると考えてます。

タイガー・ウッズのスイングが、それに当て嵌まります。
とくにティーショットに関しては、無理しないゴルフスイングであると言えます。

その昔、タイガー・ウッズはダウンスイングからインパクトにかけては、かなり沈み込むことがありましたし、相当に頭を残してフォロースルーをとることもありました。そして、スタンス幅も広かったです。

最近は、あまり上下しませんし、スタンス幅も広すぎず狭過ぎないバランスの良い状態となってます。年齢を考えて、ゴルフスイングを修正してきてるということもあるかと思いますが、全てにおいて無理しないスイングとなってます。

ティーショット(ドライバー)のボール位置も、やや内側に入れており、確実にアッパーブローで打てるボール位置です。打ち込むとか、無理して払い打ちにするとか、シャローで打つとか、レイドオフさせるとか、そのような余計な動きがありません。

ティーアップしたボールの位置に的確に戻ってくるようなスイング軌道で、しっかりとアッパーブローで打ててます。無駄な動きが無いので、ドライバーヘッドの挙動も安定しており、無駄なスピンが少なく、低スピンで伸びる弾道が打ててるようです。

インパクト後のフォロースルーも負担が掛からないように、速めに頭を上げて、身体を起そうとしてるように見えます。

ZOZOチャンピオンシップでは、タイガー・ウッズの無理しない、ナチュラルなスイングが見られます。