デシャンボーのスイングと筋トレ

2020年のPGAツアーの話題といえば、デシャンボーのパワーアップと飛距離です。

アメリカ出身のブライソン・デシャンボー、1993年生まれの若手に分類される選手です。
ジョーダン・スピースと同年代の選手です。

ブライソン・デシャンボーは、考えられないほどの肉体改造をしました。ハードな筋トレにより、筋肉の増強をして、パワフルなスイングに変化しました。それに比例して、飛距離アップされました。ドライビングパフォーマンスは、平均350ヤードをマークするまでとなり、今まで飛ばし屋として人気だった、ダスティン・ジョンソンなどを凌駕する飛距離を武器に、2020年 ロケットモーゲージクラシックにて、いきなり優勝しました。

デシャンボーのスイング

もともとデシャンボーのスイングは、手元を浮かせた、ワンプレーンなスイングです。それは、モー・ノーマンを彷彿させる、不思議なアドレスからのスイングですが、パワーアップした今でもスイング(打ち方)に変化はありません。ただ、筋肉増強をした分だけ、ヘッドスピードが速くなり、飛距離アップしてます。

デシャンボーの場合、ゴルフクラブを変更して飛ばせるようになったとかではありません。あくまでも肉体改造により(筋トレ)
飛距離アップしました。これから、課題となるのは、ロフト角、バックスピン量、シャフト剛性であろうと考えられます。

実際に、使用してるドライバーのロフト角は、5.5度となってるとのことで、はっきり言ってしまえば、ドラコン選手と同じセッティングの
ドライバーを使ってることとなります。正直なところロフト角は調整できるとのことで、表記としては7.5度のようです。

デシャンボーのスイング動画(YouTube)

上の動画を見てわかる通り、ヘッドスピードが速いというか、殆ど腕っぷしのパワーだけで、ぶっ叩いてるように見えます。パワーがあったほうが絶対に飛びますし、ヘッドスピードも速くなりますし、飛距離アップできます。

そして、飛距離アップできれば、第一打目(ティーショット)からボールをグリーンに近づけることができますので、かなりのアドバンテージとなりますし、スコアをまとめやすくなるどころから、優勝を引き寄せやすくなるのは事実です。

ゴルフスイングと筋トレ

ゴルフには、筋トレは不要だとか言われたりもしますが、ぶっちゃけ筋トレは必須です。筋肉が無かったら、飛ばせませんし、力強いスイングで打つことができません。デシャンボーの肉体改造(筋トレ)により、日本のゴルファーも筋トレを取り入れたり、筋トレへの概念が変わってくるだろうと思います。

ひとつ言えることは、むやみに筋トレして筋肉をつけてしまうと、動きにくくなり、スイングし難くなることがあります。また、強くて硬い筋肉をつけてしまうと、素早い動きができなくなってしまい、逆にヘッドスピードが遅くなってしまうこともありますので、注意が必要です。かならず、瞬発力を高める、スピード系のトレーニングと組み合わせてながら、筋トレすると良いです。

これから、筋トレするゴルファーが増えるはずです。間違った筋トレをしないように、パーソナルトレーナーをつけて、トレーニング方法を学びながら筋トレすると良いかと思います。

タイガーウッズのゴルフスイング特徴

タイガーウッズのゴルフスイング特徴

 

タイガーウッズのゴルフスイング特徴

タイガー・ウッズは今までにもゴルフスイングを変更してきましたし、常に進化するゴルフスイングで多くの大会で優勝してきました。最近は、年齢的にも40歳を過ぎたということもあり、身体に負担がかからない非常にシンプルなスイングになってきました。また、ゴルフスイングの進化に合わせてゴルフスイングも変化と進化をしています。

タイガーウッズのゴルフスイングのココを真似しよう

(1) ゴルフクラブの握り方
(2) ゴルフボールの置く位置
(3) 股関節を回旋させる
(4) ダウンスイングとインパクト

タイガー・ウッズのゴルフスイングは上の4つが特徴的です。この4つ真似できれば、タイガー・ウッズのスイングに近づくことができます。ただ、タイガー・ウッズのスイングというのは強い筋力があるかこそ実現できる動作でもありますので、無理しないように、今の自分の体力でできるところだけを取り入れていくと良いです。

(1) ゴルフクラブの握り方

タイガーウッズは、左右の手がスクエアな状態で握ってます。フェード、ドローを打ち分けたという考えがあるので、どちらかの手だけを使うのではなく、左右均等にスムーズに動かしやすいことを考えるのだろうと思います。

(2) ゴルフボールの置く位置

ボールの置く位置に関しては、スタンスの真ん中とか、左足の踵寄りとかではなく、どんなクラブも左股関節近くに置いてます。ウェッジもアイアンも、ドライバー、ウッドも殆ど同じ位置にボールを置いてます。ボールの置く位置が同じだけど、スイングアークでインパクトのポイントを調整してるようです。ウェッジとドライバーのボールの置く位置は、殆ど同じです。ほんの少しだけドライバーを打つときは、左足になってるだけです。ぱっと見は殆ど同じです。

(3) 股関節を回旋させる

タイガーウッズのゴルフスイングは、完全に股関節を回旋させるスイングです。腰を回転するというよりは、股関節を回旋することで骨盤を縦に動かすような運動をしてます。見た目的には、腰が回転してるように見えます、そう見えるだけで、股関節を回旋させて、骨盤を縦に動かしてます。

(4) ダウンスイングとインパクト

ダウンスイングは、素早い動きをしてるように見えますが、実際のところはかなりゆったりと振ってます。また、右脚の前あたりで両腕を伸ばして、スクエアに戻そうとしてます。ドライバーに関しては、早めに右肘を伸ばして、右脚の前を通過するときには、両腕を伸ばして、フェースをスクエアに戻しつつ、インパクトさせようとしてます。その方が、ボールに対して、入射悪度が緩やかになりますので、シャローに打ちやすくなります