ヒンジ打法というゴルフスイング

最近、ヒンジを取り入れたゴルフスイング、ヒンジ打法なるものが注目浴びてます。
ヒンジ打法とは何か紹介します。

ヒンジ打法というゴルフスイング

ヒンジとは?

ヒンジとは、蝶番のことです。
英語では、Hinge と書きます。

ゴルフスイングでは、主には右手首を甲側に折ること、手の平側に折ることをヒンジ(Hinge)と読んでます。

つまり、右手首の背屈・掌屈の動作です。

 

ヒンジを取り入れたゴルフスイング

いつも通りバックスイングをして、トップになるときに右手首を甲側に折り曲げます。
そうすることで、右手の平が真上を向く形となり、ゴルフクラブを支えやすくなります。

この形は、日本では出前持ちと呼ばれます。
海外では、デリバリーポジションと呼ばれてます。

そして、ダウンスイングに移行して、甲側に折り曲げた右手首をインパクトにかけて、手の平側に折ります。その動作は、まるでビンタをするような手首の使い方となります。

右手首を甲側に折る背屈から、手の平側に折る掌屈への伸展と屈曲により、ゴルフクラブを加速させることができますので、ヘッドスピードが速くなります。

それだけではなく、ゴルフクラブを緩やかな軌道で振ることができますので、所謂シャローに打つというスイング軌道となります。

 

コリン・モリカワのスイング

Collin Morikawa’s PURE Iron Swing | TaylorMade Golf

テーラーメイド所属のコリン・モリカワのスイングですが、トップでは右手首が甲側に折れてるのが分かるはずです。
これが、ヒンジとなります。

昔は、手首のコックを使うと良いと言われてました。たしかに手首のコックも必要となりますが、コックは手首を縦に振る動作となりますし、可動域が小さいために強いエネルギー出力には向いてません。

ヒンジの方が、手首を速く振ることができますし、ゴルフクラブでボールを叩く(打つ)ことに向いてる動作となります。

海外では、昔らコックよりもヒンジを使うことを推奨してました。

ライザップゴルフで飛距離アップ+スコアアップ

ライザップゴルフは、100切り達成とか、スコアアップを目的としているゴルファーをターゲットにしているイメージが強いですが、それ以外の面でコミットしたいゴルファーにも向いているゴルフスクールです。例えば飛距離アップを目指しているゴルファーに向いているメソッドもあります。飛距離アップするだけではなく、もちろん今のレベルを引き上げるためのレッスンも受けられます。

 

RIZAP GOLF LESSON System

ヘッドスピード、スイングテンポ、フェース角などのデータを抽出することができるというライザップゴルフ独自のセンシング技術です。ゴルフクラブのシャフトにセンサーを取り付けて、スイング軌道、ヘッドスピード、打ち出し角度などをデータとして抽出することができます。ですので、スイングの何が悪いのか、どのようなスイング修正をすれば良いのか一目瞭然です。

ライザップゴルフは、短期間で上達です

練習場で必死にボールを打っていても、なかなか上達のヒントが見つからない、いきなり打てなくなって迷走しているという人は、その原因を即座に見つけ出すことができます。ライザップゴルフは、短期間で上達することを目指していますが、ゴルフスイングの何がいけないのかを可視化することができるので、スイング修正がしやすいのです。だから、短期間で上達します。

 

どうして、飛距離アップできないのか

ライザップゴルフのセンシング技術により、自分のゴルフスイングをデータ化することで、弱点を見つけだします。飛ばないのは、無意味にゴルフクラブを速く振っているだけの可能性もありますし、自分が思っているよりもアウトサイドイン軌道となっており、スライス回転が発生するのが当たり前のような打ち方になっていることもあります。飛ばそうと思って、速く振ることだけを考えていると、余計にヘッドスピードが遅くなります。また、打点もズレやすくなり、ミート率が下がります。

どんな打ち方しているのか判ってない

飛ばせない最大の理由は、自分がどのような打ち方をしているのか把握してないという点です。自分では打ててると思っていても、アウトサイドイン軌道になっていたり、フェースが開いてボールにコンタクトしていたりします。

ライザップゴルフでは、スイングをデータ化して、分析することができます。スイング軌道、ヘッドスピード、打ち出し角度などを知ることができます。適切なインパクトで、飛ばせる打ち出し角を習得することができます。

 

飛距離アップしたら、スコアアップする

飛距離アップできれば、スコアアップできます。つまり、飛ばせれば、スコアは良くなります。曲がらずに、飛ばすことができれば、絶対にスコアは良くなります。ゴルフでは、飛距離は関係ない、飛ばせても意味が無い、飛ばなくても良いと言われることもありますが、絶対に飛ばせた方が有利です。飛ばせるということは、ボールをグリーンに近づけられるということなので、それだけで有利な展開が望めます。アマチュアゴルファーは、飛ばないより、飛ばせた方が絶対に良いです。

PAR4ミドルホール 420ヤードというホールがあり、ドライバーの飛距離200ヤードしか飛ばせないとなると、セカンドショットでボールをグリーンに乗せることができません。つまり、レギュレーション通りにゴルフができません。

飛ばせた方が良いです。

ドライバーが飛ばないからスコアが悪い

ドライバーが飛ばないというのは、多くのゴルファーの悩みです。フルスイングしても飛ばないどころか、当たり損ないのボールしか打てないこともあります。今までに、多くのドライバーを買い替えてきたりもしましたが、なかなか飛距離アップができませんでした。

飛距離アップができない理由は、打ち方が悪いからです。

適切な打ち方ができれば、フルスイングしなくても飛ぶようになります。ライザップゴルフは、スコアにコミットするという触れ込みでCMをしていますが、スコアアップだけではなく、飛距離アップもできます。

今までに何本ものドライバーを買い替えてきた金額を考えれば、実はコストを抑えて飛距離アップとスコアアップが手に入ります。ゴルフレッスンなんて面倒だ、自分の打ち方で頑張るという人も多いかもしれません。ただ、我流のままではなかなか飛ばすこともできませんし、スコアアップも望めません。

ゴルフスクールに通うというのは、自己投資と同じ意味があります。自分のためにお金を使う、自分を磨くためにお金を使うという意味があります。諦めきれないゴルフのために、考えを改めてみませんか?

新しいスタイルのゴルフが見つかるかもしれません。ライザップゴルフは、100切るための初心者ゴルファーだけのスクールではありません。ある程度のスコアが出せるゴルファーに向けて、さらにレベルアップ、スコアアップ、そして飛距離アップができるレッスンとなっています。

スコアアップを目指すには、色々な方法がある

ライザップゴルフでは、ゴルフで100切ることを目標にしているような謳い文句となっていますが、ある程度のレベルのゴルファーが、もっとレベルアップするためのプログラムもあります。90台から80台を目指すゴルファー、またはシングルを目指すゴルファーにも適したプログラムがあります。

また、スコアアップだけを目指すのではなく、適切なスイングを習得していきますので、結果的に飛距離アップができます。そして、飛距離アップがスコアアップにも繋がっています。曲がって飛ぶのであれば、ボールをグリーンに近づけることができます。ティーショットで200ヤード前後しか飛ばなかったゴルファーが240ヤードも飛ぶようになれば、次のショットで持つクラブが変わってきます。

 

我流で飛ばそうとすると、おかしくなる

我流で飛ばそうと思って、色々な打ち方、飛距離アップできる打ち方を模索していると、迷走してしまい、ゴルフスイングがおかしくなてしまうこともあります。ライザップゴルフは、スイングをデータ化して、科学します。適切な修正点を見つけ出すことができるので、短期間で上達することができます。

 

ドライバーで180ヤードくらいしか飛ばない

アマチュアゴルファーの殆どは、実際のところドライバーで180ヤード前後しか飛びません。もともと、スポーツをしていたのであれば別です。それほど、スポーツをしてなかった人は、飛ばないのが現実です。飛ばないドライバーからの脱却を考えてみませんか? 飛距離アップができれば、グリーンまでの距離が縮まりますので、スコアアップにつながります。

ゴルフ100切るには飛距離は必要

ゴルフ100切るには、飛距離は必要ないと言われることもあります。たしかに、ショートゲーム(パター、アプローチ)を練習すれば、スコアをまとめてくることはできます。ですが、飛距離が無ければ、レギュレーション通りにゴルフすることが難しくなり、結局のところパーが獲れる確率が下がります。

ライザップゴルフのレッスンは、今までよりも更に進化して、クラブパス・データを抽出することができます。自分の弱点を可視化することができます。ヘッドスピードは、もちろんのこと打ち出し角度などもデータ化されます。クラブフィッティングよりも細かなデータを抽出して、スイング強化に役立てます。

 

ライザップゴルフで、本当に100切れるのか?

ライザップゴルフに通って、レッスンを受ければ、本当にゴルフスコア100切れるのか? 疑いを持っている人は多いです。その理由は、ライザップゴルフは室内レッスン+シミュレーターを使用しているからです。実際のゴルフは、屋外でプレーしますので、陽に照らされて、風に吹かれて、他の人達の視線を浴びて、プレッシャーを感じながらも、そのなかでショットをして、ミスしながらもスコアをまとめてくることが必要となります。

室内のゴルフ・シミュレーターで、表現できないこともあるはずです。ゴルフ・シミュレーターでは、自然から受ける影響を表現することは難しいです。ですから、室内でレッスンをするというのは、自然の影響を受けない、良い環境でレッスンができるということです。それが、ゴルフ上達を妨げているのではないかと思われています。

ただ、ライザップゴルフに通うことで、適切なゴルフスイングを身に付けることができます。ベン・ホーガンが言ってました。アマチュアゴルファーでも、正しいゴルフスイングを身に付ければ、80切れるようになると言ってます。ライザップゴルフで、正しいスイングを身に付けて、ベストスコアを目指してみるのも悪くありません。

 

ライザップゴルフ 診断

ゴルフ力診断 3,000円で、ゴルフ診断を受けられます。自分のゴルフスイングがどうなっているのかを知ることができます。

ゴルフ力診断って何するの?

ロングショット、ミドルショット、ショートゲームなどシチュエーション別のショット力を診断します。ショットの精度で概ねゴルフ技術が見えてきます。そして、弱点を克服するためのレベルアップ・カウンセリングを加えていきます。いつも使ってるゴルフクラブ、シューズを持参してもOKです。むしろ持参した方が、いつものショットを分析できます。