筋トレでパワーアップして優勝したデシャンボー

プロゴルファー誰もが筋トレ、トレーニングをしているはずです。が、ブライソン・デシャンボーのように短期間で筋肉の増強を行って、試合で優勝したという選手は殆ど居ないかと思います。

ブライソン・デシャンボーは、かなりハードな筋トレをして、肉体改造をしたそうです。
以前よりも、約9キログラム体重を増やしたそうです。

ゴルフの科学者と呼ばれており、独特な考えによるゴルフスイング、ゴルフボール選びなどが有名です。パターのシャフトは、いちはやくカーボンシャフトを取り入れたりもしてました。

様々なアイデアと科学的知見から、自分のゴルフを構築しようとしてましたが、今回は自分の肉体改造することで、飛躍的な飛距離アップとパワーアップで次元の高いゴルフをしてました。

ドライバーの飛距離 343ヤード

2020年 ロケットモーゲージでは、343ヤードというドライバーショットを見せつけてくれました。

あきらかに身体的能力が高くなっており、後ろ姿も大きな背中となり、肩、背中、全体を鍛えたことが伺えます。

筋肉増強と瞬発力を高めた

また、デシャンボー本人談ですが、脂肪をつけたのではなくて、筋肉をつけたということで、強い筋肉を増やした(筋肉増強)ということです。さらには、筋トレして筋肉増強をしただけではなく、瞬発力を高めるためのトレーニングも取り入れたと話してました。

さすがに、どのようなトレーニングをしていたのかは、公開されてませんが、飛距離アップに特化したトレーニングを積んできたことが伺えます。

デシャンボーのようなプロゴルファーは、日本では考えられないかもしれません。日本のプロゴルファーで、あそこまで鍛えて勝とうとした選手が居るかどうか?デシャンボーのように鍛えなくても、そこそこ飛べばよいという考えなのかもしれません。

世界で活躍する選手は、多くの強敵と戦う訳ですから、かなり鍛えて、飛ばして、勝てるゴルフをしようと考えるのでしょう。

ゴルフスイング