ダウンスイングからインパクトの腕の使い方

 

ダウンスイングからインパクトの腕の使い方

日本人ゴルファーのゴルフスイングはダウンスイングでは思いっきり右脇を締めて、手首のコックを保って腕とゴルフクラブを下してくるというダウンスイングです。石川遼とかもこのダウンスイングとなってます。右脇締めて手首のタメが強いダウンスイングというのはミスショットになる要素が幾つかあります。

右脇を締めて、手首のコックをタメてダウンスイングをするので、右肩が下がりやすくなります。そして、手首のコックが解かれるよりも下半身が先行して飛球線を向いてしまうと、手首のコックを解くタイミング間に合わなくなってしまい、フェースをスクエアに戻しきれずにフェースが開いたままインパクトしやすくなります。運が良くて右に真っ直ぐ飛ぶ感じとなりますが、ほとんどが大きなスライスとなることが多いです。

また、右肩が下がるとボールの手前でダフリやすくなります。

タイガー・ウッズの腕の使い方

タイガー・ウッズのダウンスイングでの腕の使い方というのは、インパクト直前まで右肘を曲げたままタメておくという打ち方ではありません。スピードが速いので、ゴルフボールにヒットする直前に右肘を伸ばしているように見えますが、実際は右足の前くらいで右肘を伸ばして、コックを解放しています。日本のゴルフスイングでいうところのキャストに近い状態になります。

右足の前くらいで右肘を伸ばすので、右肩が下がり難くなります。右肩が下がらないようにするのではなく、右肘を伸ばして、両腕を伸ばしてしまえば右肩が下がり難くなります。また、インパクトする前にフェース面をスクエアに戻しやすくなります。

日本ではキャストとか呼ばれており、ミスショットの原因のひとつとされてます。たしかに無理に腕を伸ばしてしまうことは、様々なミスショットにつながってしまいます。タイガー・ウッズのスイングでいうところのキャストというのは、釣りや剣道と同じ腕の使い方です。腕を素早く上げ下ろしするという動作となります。ゴルフスイングでヘッドスピードを速くするのは、この腕を素早く上げ下ろしする動作だけとなります。

だけど、なぜか日本ではキャストと呼ばれて悪いスイングのひとつとなっており、積極的な腰の回転を推奨してます。

タイガー・ウッズのスイングは合理的で無理がありませんし、再現性が高いといえます。

素早く腕を上げ下ろしする

ヘッドスピードを速くするための動作で重要となるのが腕の上げ下ろしです。腕伸展、腕屈曲の動作がスイングパワーを担っています。腰を回転させてヘッドスピードが速くなるというのであれば、一度ためして頂きたい動作があります。

ベルトのバックルに紐などを括り付けて、強い勢いで振れるのか腰を回転させてみてください。
なかなか、紐を速く振ることなんてできません。

腰をそんなに速く回転させることはできませんし、腰は回転してませんから、回転運動を生み出すことができません。よく、フラフープとゴルフスイングが似ている動作だと言われますが、フラフープは腰を回すことで遠心力を働かせて、慣性の力となります。ヘッドスピードを速くするための動作とは、また違った意味となります。

ヘッドスピードを速くするのは、腕の振りです。腕を上げて下すという、腕伸展、腕屈曲の動作を速くすることがヘッドスピードとなります。また、ゴルフスイングの場合、腕の上げ下ろしという動作だけではなく、身体の回転が加わることで、ゴルフボールを横方向に打ち飛ばすことができます。

ゴルフスイング