ヒンジ打法というゴルフスイング

最近、ヒンジを取り入れたゴルフスイング、ヒンジ打法なるものが注目浴びてます。
ヒンジ打法とは何か紹介します。

ヒンジ打法というゴルフスイング

ヒンジとは?

ヒンジとは、蝶番のことです。
英語では、Hinge と書きます。

ゴルフスイングでは、主には右手首を甲側に折ること、手の平側に折ることをヒンジ(Hinge)と読んでます。

つまり、右手首の背屈・掌屈の動作です。

 

ヒンジを取り入れたゴルフスイング

いつも通りバックスイングをして、トップになるときに右手首を甲側に折り曲げます。
そうすることで、右手の平が真上を向く形となり、ゴルフクラブを支えやすくなります。

この形は、日本では出前持ちと呼ばれます。
海外では、デリバリーポジションと呼ばれてます。

そして、ダウンスイングに移行して、甲側に折り曲げた右手首をインパクトにかけて、手の平側に折ります。その動作は、まるでビンタをするような手首の使い方となります。

右手首を甲側に折る背屈から、手の平側に折る掌屈への伸展と屈曲により、ゴルフクラブを加速させることができますので、ヘッドスピードが速くなります。

それだけではなく、ゴルフクラブを緩やかな軌道で振ることができますので、所謂シャローに打つというスイング軌道となります。

 

コリン・モリカワのスイング

Collin Morikawa’s PURE Iron Swing | TaylorMade Golf

テーラーメイド所属のコリン・モリカワのスイングですが、トップでは右手首が甲側に折れてるのが分かるはずです。
これが、ヒンジとなります。

昔は、手首のコックを使うと良いと言われてました。たしかに手首のコックも必要となりますが、コックは手首を縦に振る動作となりますし、可動域が小さいために強いエネルギー出力には向いてません。

ヒンジの方が、手首を速く振ることができますし、ゴルフクラブでボールを叩く(打つ)ことに向いてる動作となります。

海外では、昔らコックよりもヒンジを使うことを推奨してました。

ゴルフスイング