プロフィール

私の名前は平森 ピース・ウッズと勝手にタイガー・ウッズのように呼んでます。
ゴルフ歴は10年以上となります。

当初はゴルフスイングに対する疑問というのはあまり無かったですし、当時はトラックマン、スイング分析マシンなどが無かった時代なのでゴルフレッスンのインストラクターの主観によりゴルフスイングを修正していくというのが主流でした。いまもそういうことをしてるゴルフレッスンもあるかと思いますが。

インストラクターの主観が入ることが悪いわけではありませんが、どうしてそこを修正するのか、どうしてミスショットするのか理解ができないままレッスンが進んでいくので、そこが不安でした。

また、基本的なグリップ(握り方)から修正することも多くありますが、時間の無駄のように思ってました。

今、習ってるレッスンでは握り方とかよりも、とにかく飛ばすためのレッスンを受けてます。曲がっても、スライスしても飛ばせた方が有利だからです。

ゴルフスイングというのは様々な理論があり、たったのひとつのスイング理論ではなく多くの理論が重なり合ってつくられていると思います。